東北楽天、首位浮上 則本昂が気迫の投球

7回2失点で2勝目を挙げた東北楽天・則本昂
1/2

 東北楽天は先発則本昂の粘投で2連勝。開幕から4カード連続で勝ち越しを決め、首位に浮上した。
 則本昂は7回2失点で2勝目。八回以降は救援陣がしのいだ。打線は一回に浅村の適時打で先制し、三回は辰己の左越えソロ、五回は横尾の適時二塁打で加点。3-2の七回には辰己の2点三塁打で突き放した。八回は島内が2試合連続本塁打を放った。
 西武は投手陣が不安定で、今季初の連敗を喫した。

西武-東北楽天2回戦(東北楽天2勝、17時45分、メットライフドーム、7390人)
東北楽天101010210-6
西武  000020001-3
▽勝 則本昂2試合2勝
▽敗 今井2試合1敗
▽本塁打 辰己3号(1)(今井)若林1号(1)(則本昂)島内2号(1)(伊藤)

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る