東北楽天、先発早川の粘投及ばず

4回東北楽天2死満塁、ヘッドスライディングするも一ゴロに倒れる小郷(藤井かをり撮影)

 プロ野球東北楽天は11日、仙台市の楽天生命パーク宮城でソフトバンクとの3回戦を行い、0-2で競り負けた。2試合連続引き分けの前まで続いていた連勝は3で止まり、開幕からのカード勝ち越しは4で途切れた。

 先発早川は六回途中1失点で2敗目。粘りの投球を見せたが、四回1死一、二塁で、デスパイネに左翼線への二塁打を浴びて先制点を許した。九回には、4番手酒居が1死一塁で中村晃の適時二塁打で2点目を失った。

 打線は先発松本(岩手・盛岡大付高出)ら5投手を捉え切れなかった。0-1の四回1死満塁は、鈴木大、小郷がともに内野ゴロに倒れた。五、六、八回にも得点圏に走者を進めたが、あと一本が出なかった。

 石井監督は「最後のもう一押しができず、なかなか流れをこっちに持ってこられなかった」と話した。

 東北楽天-ソフトバンク3回戦(ソフトバンク1勝2分、13時、楽天生命パーク宮城、8,515人)
ソフト000100001-2
楽 天000000000-0
(勝)田浦4試合1勝
(S)森7試合1勝3S
(敗)早川3試合1勝2敗

4回ソフトバンク1死一、二塁、デスパイネ(手前)に先制の適時二塁打を浴びて顔をしかめる東北楽天先発の早川(藤井かをり撮影)
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る