東北楽天、5度目の引き分け 首位浮上

9回東北楽天1死満塁、島内が左中間に同点の2点二塁打を放つ

 東北楽天は打線の粘りで九回に追い付き、今季5度目の引き分けで首位に浮上した。

 2-5の九回1死満塁から鈴木大の中前適時打、島内の2点二塁打で同点とした。先発岸は6回3失点で降板。八回に登板した3番手渡辺佑が杉本に2ランを浴びた。九回は松井が無失点にしのいだ。

 オリックスは先発田嶋が7回1失点と好投したが、救援陣が誤算だった。

 オリックス-東北楽天4回戦(東北楽天2勝1敗1分、京セラドーム大阪、無観客)
東北楽天 000100013ー5
オリックス010101020ー5
▽本塁打 モヤ2号(1)(岸)杉本4号(2)(渡辺佑) 

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る