<おうちでZOO>ザブーンゆらゆら ホッキョクグマ

この動画には、飼育員さんの解説があります。字幕ボタン、もしくはキーボードの「C」を押すと、字幕が出ます。

 大きな水しぶきが上がった。ホッキョクグマの雄の「カイ」(16歳)が勢いよくプールへ飛び込んだのだ。休園中でなければ、子どもたちの歓声が上がる場面。実にもったいない。

 そんなことはお構いなしと、カイは水中で体をくねらせて遊ぶ。白い毛がゆらゆら揺れる。おもちゃにしている黒いチューブを前足で沈めたり、がじがじとかんだり、やりたい放題だ。

 おもちゃを独占された雌の「ポーラ」(16歳)は岩場からうらやましそうな目を向ける。飼育員の山崎槙さん(29)はカイとポーラの子どもが産まれる日を心待ちにしているけれど、果たして2頭はどう思っているのかな。

....................................................

わたしたちも見てねー

怖い存在 園内ではのんびり ツキノワグマ
翼広げると2メートルにも オオワシ・イヌワシ

....................................................

関連動画

河北新報のメルマガ登録はこちら
おうちでZOO

 仙台市八木山動物公園(太白区)は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休園しています。せっかくの大型連休も、愛らしい動物たちに会えずじまい。そこで、昨年好評だった写真企画「おうちでZOO」の動画版として改めて撮影し、河北新報オンラインニュースで紹介します。


企画特集

先頭に戻る