<おうちでZOO>ガラス越しに「遊んでよぉ」 スマトラトラ

この動画には飼育員の解説があります。字幕ボタン、もしくはキーボードの「C」を押すと字幕が出ます。

 スマトラトラの雄「アオ」は2019年10月、八木山動物公園で生まれた。人工哺育で育ったせいか人なつっこく、ガラス越しに来園者とじゃれ合おうとすることもある。

 1歳半で体重は約70キロ。父「ケアヒ」(12歳)の約120キロに比べるとまだまだ小さいが、体のしま模様や鳴き声は成獣に見まごうほどだ。他の個体の臭いをかぐため、口を大きく開けるフレーメンという行動も取る。

 どう猛な一面と、ネコのような愛らしいしぐさが交錯する。授乳から携わってきた飼育員の山﨑槙さん(29)は「あどけない表情を見せてくれるのが、アオの魅力」と相好を崩す。

....................................................

わたしたちも見てねー

もりもり食べて大きくなぁれ クロサイ
しま模様は謎のまま グランドシマウマ

....................................................

河北新報のメルマガ登録はこちら
おうちでZOO

 仙台市八木山動物公園(太白区)は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休園しています。せっかくの大型連休も、愛らしい動物たちに会えずじまい。そこで、昨年好評だった写真企画「おうちでZOO」の動画版として改めて撮影し、河北新報オンラインニュースで紹介します。


企画特集

先頭に戻る