<おうちでZOO>一生添い遂げる「イクメン」 フンボルトペンギン

この動画には飼育員の解説があります。字幕ボタン、もしくはキーボードの「C」を押すと字幕が出ます。

 よちよち歩きが人気のフンボルトペンギン「ひだか」(21歳、雄)と「かりほ」(13歳、雌)のペア。餌をもらいにプールに入る以外は「ステイホーム」している。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、仙台市の要請に従っているわけではない。交代で卵を温めているのだ。
 ペンギンは一度カップルが成立すると、死別などがない限り相手を変えることはまれだという。営巣、抱卵、ひなが生まれた後の子育てまで、夫婦が交代で務める。
 繁殖は夏期以外、観察できる。「人間界なら、いわゆる〝イクメンパパ〟ですね」。飼育員の武田和浩さん(58)が温かく見守る。

....................................................

わたしたちも見てねー

夜行性だから…昼はのんびり ホンドタヌキ
口いっぱいに水をおねだり カバ

....................................................

関連動画タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
おうちでZOO

 仙台市八木山動物公園(太白区)は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休園しています。せっかくの大型連休も、愛らしい動物たちに会えずじまい。そこで、昨年好評だった写真企画「おうちでZOO」の動画版として改めて撮影し、河北新報オンラインニュースで紹介します。

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る