ベガルタ、敵地で初白星 公式戦3連勝

名古屋―仙台 前半42分、先制ゴールを決め、祝福される仙台・マルティノス(左端)

 第16節第1日(26日・豊田スタジアムほか=9試合)仙台は2位の名古屋に1-0で競り勝ち、2連勝。勝ち点を13に伸ばした。

 仙台が逃げ切った。前半42分、相手陣内でボールを奪い、皆川からのパスを受けたマルティノスのシュートで先制。守勢に回る時間が長かったが、粘り強い守備で名古屋の攻撃をはね返し続け、少ない好機をものにした。終盤のピンチはGKスウォビィクが好セーブを連発した。

仙台 1 1-0 0 名古屋
     0-0
▽得点経過
 前42分 1-0 マルティノス(2)
▽観衆 4,999人

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る