閉じる

デスク日誌(6/2):木村産業研究所

 その分野では名が通っている人物なのに、勉強不足ゆえ、ゆかりある土地で初めてその存在の大きさを知ることが多い。

 建築家の前川国男(1905~86年)もその一人。昨春、総局に赴任して早々目にした資料に「弘前には初期から晩年までの8作品が残っている」と記されていた。

 日本のモダニズム建築の開拓者。巨匠ル…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ