(3)ばんと言うてもぴゅうと出る水鉄砲/西野 結子(2002年~)

 筆者が小学生の頃はもう立派な水タンクがついてシャッーと水を撃つ「ウォーターガン」全盛。「僕も水鉄砲ほしい」と親に言ったら、竹筒に穴をあけた昔ながらのブツを流してくれた。飛距離も出ない、一発しか撃てない。圧倒的に不利だが、新・必殺仕置人の竹鉄砲のつもりで気を取り直した。でも、我慢を重ねた必殺の水流が「ぴゅう」なのは、悲しかったなア。作者は当時弘前高3年。「センバツ!全国高校生即吟選手権」(2020年8月)より。
(浅川芳直)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
秀句の泉

 「秀句の泉」は、俳句の魅力を伝えます。執筆は俳人の永瀬十悟さん(福島県須賀川市)、浅川芳直さん(宮城県名取市)、及川真梨子さん(岩手県奥州市)の3人。古典的な名句から現代俳句まで幅広く取り上げ、句の鑑賞や季語について解説します。


企画特集

先頭に戻る