クリスマス後を描いた「12月26日のクリスマス」<サンタクロース出版舎 >

「12月26日のクリスマス」

 青葉区の「Café青山文庫」を運営する秋田市の飲食業「ノーブルクリエーションカンパニー」がサンタクロース出版舎を立ち上げ、1作目となる絵本を発売した。クリスマスに犬をもらった女の子が「ありがとう」を伝えようとサンタを探しに出掛ける物語。作者はひろたまおさん、絵はこやとこうさん。Café青山文庫で販売する他、文芸社とアマゾンのWEBサイトからも購入可。今後毎年11月1日に新作を発表する。

判型/A4横上判32ページ
価格/1320円
問/Café青山文庫
TEL 022-209-5115

(河北ウイークリーせんだい 2021年11月18日号掲載)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る