閉じる

社説(1/20):生活保護の詐取事件/組織力の強化が不可欠だ

 盛岡市から不正受給したとされる生活保護費で2年8カ月にわたってホテルを転々として暮らしていたとして、無職の50代夫と40代妻が詐欺罪に問われる事件があった。生活困窮者を支える制度を揺るがす事態がなぜ起きてしまったのか、再発防止策と併せて考えたい。

 八戸市などでホテル暮らしをしていた夫妻は、盛岡市に…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより