東北の有力スポーツ選手の進路は… 高校、大学を今春卒業、次のステージへ

 今春卒業する東北の高校、大学の選手の新たなステージが決まった。それぞれプロや実業団、大学でさらなる飛躍を期す。主な選手の進路を紹介する。

全国高校女子駅伝Vーーー仙台育英の米沢、名城大へ

 昨年の全国高校女子駅伝で優勝した仙台育英の主将米沢奈々香は、大学陸上界の強豪名城大へ進学する。

 米沢は昨夏の全国高校総体1500メートルで2位、3000メートルで3位に入った同年代のトップ選手。1月の都道府県対抗駅伝は宮城県代表で4区を走り、区間記録を更新した不破聖衣来(拓大1年)に5秒差の区間2位となった。

 不破は昨年、1万メートルで日本歴代2位の30分45秒21をマークした。大学で直接対決の機会も増えるだけに米沢は「まだ遠い存在だが、追い付けるように頑張りたい」と抱負を語る。全日本大学女子駅伝で5連覇を達成した名城大には米沢のほか、昨年のU20日本選手権女子1500メートルを制した福島・学法石川高の大河原萌花も加わる。

 仙台育英高からはこのほか、全国高校駅伝で3区区間賞を獲得した山中菜摘が女子実業団の名門日本郵政グループへ進む。全国高校駅伝3位の男子は、主将の堀颯介が明大、吉居駿恭が中大へ進学する。

 陸上短距離では、U20日本選手権と全国高校総体の女子200メートルで優勝した宮城・常盤木学園の佐藤美里が中大へ進む。佐藤は全国高校総体100メートルで4位、1600メートルリレーはアンカーを務めて3位に入った。学校対抗でも同高を3位に導いたスプリンターは、大学でさらなる飛躍を期す。

 女子ハンマー投げで62メートル88の高校日本記録を持ち、昨夏の全国高校総体を制した青森・弘前実の村上来花は九州共立大へ進学する。

 大学生の有力選手では、東京五輪男子400メートル障害に出場した山内大夢(早大、福島・会津高出)が地元の東邦銀行に就職する。

名城大に進学する米沢(175)

青森山田で全国高校サッカーVーーー松木、F東京入り

 相手のシュートをゼロに抑えスコアは4-0。かつてこれほどの強さを見せて頂点に立ったチームがあるだろうか。今年1月の全国高校サッカー選手権決勝。青森山田は大津(熊本)を下し3大会ぶりの優勝を果たした。

 全国高校総体、高円宮杯U-18プレミアリーグ東地区と合わせ「高校3冠」を手にしたチームの心棒が主将のMF松木玖生(くりゅう)だ。ここまで2年間はいずれも決勝で涙をのんできた。「自分が一番悔しい思いをしてきた。絶対に勝てると信じていた」。トロフィーを手に見せた満面の笑みが印象的だった。

 北海道室蘭市生まれ。幼稚園でボールを蹴り始め、中学は青森山田中に越境入学した。2年時に全国中学大会を制覇。高校では1年からレギュラー入りした。

 「一番の武器はメンタル」。はばかることなくそう言うように、精神力の強さが魅力だ。入団したJ1FC東京では2月18日の開幕戦でスタメンデビュー。昨季王者の川崎相手にも全くひるまぬプレーを見せ「球際、フィジカルでは全然負けていなかった」と自信を深めた。近い将来、日本のサッカー界をけん引する存在になるだろう。

FC東京に入団した松木(右)

【野 球】
風間 球打(秋田・ノースアジア大明桜高)→ソフトバンク
黒田 将矢(青森・八戸工大一高)→西武
吉野  蓮(仙台育英高、全国選抜大会8強)→立大
伊藤  樹(同)→早大
椋木  蓮(東北福祉大)→オリックス
大竹 風雅(同)→ソフトバンク

【サッカー】
松木 玖生(青森山田高、全国高校選手権優勝)→J1FC東京
宇野 禅斗(同)→J2町田
藤田 一途(仙台大)→J2熊本
石川 璃音(JFAアカデミー福島)→WEリーグ三菱重工浦和
太田 萌咲(同)→WEリーグ長野

【陸 上】
山内 大夢(早大、福島・会津高出、東京五輪男子400メートル障害出場)→東邦銀行
堀  颯介(仙台育英高、全国高校男子駅伝3位)→明大
吉居 駿恭(同)→中大
渡辺駿太朗(同)→大東大
遊佐 祥太(宮城・利府高、全国高校総体男子八種競技2位)→日体大
米沢奈々香(仙台育英高、全国高校女子駅伝優勝)→名城大
山中 菜摘(同)→日本郵政グループ
佐藤 美里(常盤木学園高、全国高校総体女子200メートル優勝など)→中大
村上 来花(青森・弘前実高、全国高校総体女子ハンマー投げ優勝など)→九州共立大
大河原萌花(福島・学法石川高、U20日本選手権女子1500メートル優勝)→名城大
伊藤 瑠音(青森山田高、U20日本選手権女子1500メートル2位)→拓大

【バレーボール】
鈴木 玲香(宮城・古川学園高、全日本高校選手権2位)→東北福祉大
遠藤  想(同)→トヨタ自動車
桜井  真(同)→修紅短大
本間 乃愛(同)→金城大
深沢 媛心(同)→日本女子体育大
山元 快太(仙台商高、U18日本代表候補)→日体大
鈴木  音(仙台商高)→Vリーグ2部リガーレ仙台
鈴木 美空(同)→同

【バスケットボール】
山崎 紀人(仙台大明成高、全国高校選手権3位)→中大

【バドミントン】
武井 凜生(福島・ふたば未来学園高、全国高校総体男子団体優勝など)→NTT東日本
荻原 聖也(同)→明大
吉田  翼(同)→日体大
杉山  薫(福島・ふたば未来学園高、全国高校総体女子団体2位など)→日本ユニシス
田部 真唯(同)→山陰合同銀行
小野 涼奈(同)→プレンティグローバルリンクス

【ラグビー】
最上 太尊(仙台育英高、21年度高校日本代表候補)→明大

【体 操】
吉田  求(仙台大明成高、全国高校総体種目別鉄棒優勝)→仙台大

【剣 道】
渡会 剛生(仙台育英高、全国高校総体男子個人2位)→同志社大

【ソフトテニス】
細田 美帆(宮城・東北高、全国高校総体女子団体優勝など)→日体大
半田穂乃花(同)→早大

【ゴルフ】
原田 竜成(宮城・東北高、全国高校選手権3位)→東北福祉大

【フェンシング】
長崎 昇子(秋田北鷹高、インターハイ女子サーブル2位)→専修大
村田 一公(山形・米沢中央高、インターハイ男子エペ2位)→明治大
吉田ひなた(宮城・気仙沼高、インターハイ女子エペ3位)→専修大

【重量挙げ】
斉藤 太陽(福島工高、インターハイ男子96キロ級2位)→日大
相馬 来輝(宮城・柴田高、インターハイ男子96キロ級3位)→明大
遠藤 朱李(仙台大、全日本選手権女子87キロ級3位)→小学校講師

【スケート】
真野 美咲(山形中央高、19年度インターハイスピード女子1000メートル優勝など)→日体大
下村 璃々(青森・八戸西高、インターハイスピード女子1500メートル7位など)→高崎健康福祉大

【スキー】
山田 智子(秋田北鷹高、インターハイ距離女子5キロフリー優勝)→早大
畔上 凜花(秋田北鷹高、国体距離少年女子5キロクラシカル3位)→日大

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る