河北抄(5/6):爽やかな風を受けながらの運動は心地よい。…

 爽やかな風を受けながらの運動は心地よい。山あいや街路樹の緑がきれいになってきたからだろうか。ジョギングや自転車を楽しんでいる人たちを、仙台市内でかなり見掛けるようになった。

 ただ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外出そのものを控えている高齢者は少なくないような気がする。運動不足を気に掛けているのでは?
 その高齢者の認知症や虚弱の予防に、「eスポーツ」が注目されている。パソコンや家庭用ゲーム機を使って対戦する競技で、こちらの主戦場は屋内。場所や時間が制約されないこともあって、なかなかの人気ぶりのよう。

 種目はサッカーや格闘技など幅広い。身体に大きな負荷はかからないものの、手、指、目、耳をバランス良く使うことが求められる。判断力や戦略を練る力も必要とされる。

 秋田市では昨年9月、国内初の高齢者プロチーム「マタギスナイパーズ」が発足した。「孫にも一目置かれる存在」を目指しているという。世代間コミュニケーションを図るのにも役立ちそうだ。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る