FAQ

<とびらを開く>つるがや元気会 地域再生、若い世代と

 仙台市宮城野区の鶴ケ谷団地。1968年に分譲が始まり、高齢化が進んで「オールドニュータウン」と報じられたこともありました。住民は団体を結成し、地域を元気にする取り組みを続けています。分譲開始から半世紀を経て、若者の応援も得て新たな活動にも踏み出しました。

 団地には75年のピーク時に2万1606人が…

残り 961文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

志民の輪

私たちの周りでは、たくさんの市民団体・NPOが地域課題の解決などを目指して活動しています。「認定NPO法人杜の伝言板ゆるる」と「NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター」が交代で担当し、さまざまな団体の活動や地域課題について伝えていきます。


企画特集

先頭に戻る