閉じる

避難先通知アプリ、業務円滑化に期待の声 宮城・原子力防災訓練

 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の重大事故を想定して29日に実施された原子力防災訓練では、住民がスマートフォンアプリを使った避難に当たった。避難所受け付けの迅速化に期待する声の一方、高齢者への対応やアプリに必要なマイナンバーカードの普及が課題との指摘が上がった。

高齢者対応や普及は課題

 アプ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ