閉じる

W杯日本代表DF板倉滉、ベガルタ時代から世界目指す「覚悟」 紅白戦で味方を削り、場を凍らせる一幕も

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本代表が23日、強豪ドイツに2―1で逆転勝ちした。決勝点を演出したのは、元J1仙台(現J2)のDF板倉滉(25)=ボルシアMG=。仙台時代から見せていた大器の片りんを振り返る。

正確なキック

 ドイツ戦で板倉は後半38分、自陣FKからのロングボールを相…

残り 860文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ