閉じる

磯焼けもたらす厄介者ウニを畜養 大船渡で事業化に期待

 大船渡市三陸町でウニの蓄養に向けた試行錯誤が続いている。岩手県の委託事業で一足先に始めた綾里(りょうり)漁協は本年度、独り立ちして自前での生産を開始。北隣の越喜来(おきらい)漁協も蓄養に乗り出した。「海の厄介者だったウニが付加価値を高めて出荷できるようになった。採算も合う」と地元の期待は大きい。自…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ