閉じる

<県議会から> 一般質問の「巧拙」実感 弁舌、磨き上げに期待

 開会中の今年最後となる県議会11月定例会で、4日間に16人が登壇した一般質問が終わった。村井嘉浩知事ら県執行部と直接対峙(たいじ)できる主戦場で、質問力の巧拙を実感した。

 初日は若手2人が重症心身障害児の支援を取り上げた。視察結果を踏まえ、長期入所病床の不足解消や家族のためのレスパイト(休息)入院…

残り 440文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ