閉じる

一力遼の一碁一会 小碁盤の世界 プロをも悩ます奥深さ

 囲碁の試合では、縦と横各19本の線が引かれた「19路盤」が用いられています。プロの公式戦は全て19路で行われていますが、一局打つのに相当な時間を要する上、初心者にとっては361もの交点がある盤面は途方もない広さです。

 そのため、入門用には升目の少ない碁盤が活用されており、その中でも特に多いのが9路…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

一力遼の一碁一会」

ライブカメラ