閉じる

悔しさばねに「打てない」払拭 <準Vのキセキ 仙台育英 激闘甲子園(上)>

 第105回全国高校野球選手権大会で仙台育英が準優勝を果たした。初戦から強豪校を次々と撃破し、昨夏の東北勢初優勝に続く頂点まであと一歩だった。改めて強さを印象づけた熱戦の舞台裏に迫る。

5本塁打、66安打は出場チーム最多

 「ここにいることが奇跡」。仙台育英の須江航監督(40)は4強入りを決めても、決勝…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより