閉じる

増えすぎたクマ、ジビエとして普及へ 青森・西目屋村 マタギの精神に倣う

 東北各地でツキノワグマによる食害や人的被害が相次ぐ中、世界遺産「白神山地」の麓にある青森県西目屋村は、苦境を逆手に取ったジビエ(野生鳥獣肉)の普及に取り組んでいる。おりで捕獲したクマを食肉に加工し、新たな観光資源として活用する。マタギの精神が息づく村で、人とクマの共存を模索する。

レトルト食品のカレ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ