閉じる

震災伝承の手法を研究者らが議論 仙台でホスピス・在宅ケア研究会

 終末医療の在り方などを考える「日本ホスピス・在宅ケア研究会」の全国大会が仙台市青葉区の市戦災復興記念館であった。シンポジウムでは、東日本大震災を経験した研究者ら6人が自らの経験を振り返りながら、震災の記憶を語り継ぐ手法などを議論した。

 同研究会が主催し、市民ら約100人が参加した。

 岩手大の坂口奈…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ