閉じる

時疾風、勝ち越しは千秋楽に持ち越し

 大相撲春場所14日目(23日・エディオンアリーナ大阪)勝てば110年ぶりの新入幕優勝だった尊富士が元大関の平幕朝乃山に寄り切られ、2敗目を喫した。尊富士は右足を負傷した。

 大の里は小結阿炎をはたき込んで3敗を守った。豊昇龍は大関対決で琴ノ若に寄り倒され、4敗目で脱落。賜杯は尊富士と大の里に絞られた…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ