閉じる

自民・茂木派、東北選出の所属議員 政治団体解消に「意義は大きい」「寂しい」

 自民党茂木派(平成研究会)が17日、政治団体届を取り下げる方針を決めた。政策集団としては維持する方針だが、故竹下登元首相らが率い、かつては党内権力闘争の中心にもいた派閥の幕引きに、所属した東北の選出議員からは「意義は大きい」「寂しい」との声が上がった。

 「政治不信を招いた原因は派閥にあった。一度リ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ