夢いっぱい 未来の南三陸 AKBと児童が「住みたい町」ジオラマ作り

 子どもたちが住みたい町を考える「南三陸町ジオラマプロジェクト」が4日、始動した。アイドルグループ「AKB48」のメンバーやファンが宮城県南三陸町内の団体と協力し、東日本大震災の支援活動の一環で企画した。

 同町の入谷YES工房であったジオラマ作りに親子5組が参加。AKB48と姉妹グループのメンバー計…

残り 273文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ