<岩手・宮城内陸地震11年>遺構で訓練 一関・旧祭畤大橋

 死者17人、行方不明者6人を出した岩手・宮城内陸地震から14日で11年となるのを前に、橋桁が崩落したまま保存されている一関市の国道342号の旧祭畤(まつるべ)大橋でレスキュー訓練があった。

 訓練は、橋が崩れ落ちて下を流れる磐井川の岸辺に負傷者が取り残されているとの想定で実施した。消防隊員らがロープ…

残り 159文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ