震災から9年 再び未来へ

<イチゴ光る>東京電力福島第1原発事故の復旧が進む福島県大熊町。避難指示が解除された大川原地区の夕闇にイチゴ栽培のビニールハウスが浮かぶ。水や温度、照明はコンピューターで管理され、徳田辰吾工場長(40)は「最先端の工場で独自の栽培ノウハウを習得したい」と意気込む
3/9

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る