震災から9年 再び未来へ

<潮風浴びる>奥松島(東松島市)の景勝地・嵯峨渓を巡る遊覧船「嵯峨みらい」。震災後に建造された。乗客は潮風を浴びながら、被災地の海の景観を眺められる。運営する奥松島公社は、ネットを活用して利用客アップを図る予定
4/9

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る