震災から9年 再び未来へ

<ホッキ戻る>「噴流式マンガ」と呼ばれる新しい漁具でホッキ貝を採る宮城県山元町の漁師。町のホッキ漁はかつて県内一の水揚げ量を誇ったが、震災後は海底のがれきの影響で低迷した。今シーズンは震災前を超える50トンの収穫を見込む
6/9

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る