閉じる

「避戦のリアリスト・米内光政」(上)広い視野で国を守る

 首相や海軍相を務めた盛岡市出身の米内光政(1880~1948年)は75年前、アジアと太平洋で膨大な命を奪った戦争の終結に尽力した。今年は生誕140年、首相就任80年。「避戦」を求めた戦時指導者の足跡をたどり、現代にも通じる危機下の政治リーダーの資質を探る。(盛岡総局・片桐大介)

 1947年の初夏、…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ