閉じる

中尊寺・金色堂の輝き再び 半世紀ぶりの修理完了 コロナ収束の道照らす

 岩手県平泉町の世界遺産・中尊寺は、国宝・金色堂の保存修理工事を終えた。2011年の世界遺産登録から10年を迎えるのを前に、往時の黄金の輝きを取り戻した。

 1962~68年の「昭和の大修理」以来となる工事で、文化財補修を得意とする東京の会社の作業員たちが6月から壁面の亀裂などを補修した。

 金色堂で1…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ