一力碁聖が二冠 天元位奪取し九段に

一力遼新天元

 囲碁の井山裕太天元(31)=棋聖、名人、本因坊=に仙台市出身の一力遼碁聖(23)が挑戦している第46期天元戦5番勝負最終の第5局が16日、徳島市で打たれ、一力碁聖が183手で黒番中押し勝ちし、3勝2敗で天元位を初獲得した。碁聖と併せ二冠となるとともに九段に昇段した。

 井山天元は6連覇を逃し、三冠に後退した。

 持ち時間各3時間のうち消費時間は井山天元が2時間59分、一力碁聖が2時間58分。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る