木・土星の大接近に歓喜 仙台市天文台で特別観察会

木星と土星の大接近を望遠鏡で確認した特別観察会=21日午後5時30分ごろ

 木星と土星が江戸時代の1623年以来、397年ぶりに大接近する天体現象が21日、仙台市などで見られ、青葉区の市天文台では特別観察会があった。見かけ上、満月の5分の1程度の距離まで近づく二つの惑星を一目見ようと、家族連れら100人が集まった。

 観察会は午後5時に始まり、南西の空は厚い雲に覆われていたが、時折、雲の切れ間から接近した木星と土星が姿を現した。参加者は望遠鏡をのぞき込み「一瞬だけど、きれいに見えた」「星の距離がすごく近い」などと歓声を上げた。

 太白区の主婦広野和代さん(55)は「神秘的だった。歴史的な瞬間に立ち会えてラッキー」と喜んだ。

 木星は約12年、土星は約30年の周期で太陽の周りを公転し、約20年ごとに近づく。次回の大接近は60年後の2080年になる。観察会は悪天候でなければ、22日も午後5時に開かれる。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る