閉じる

「震災記憶、責任持ち伝承」 宮城知事が会見でコロナ下の風化懸念

 村井嘉浩知事は21日、2020年最後となる定例記者会見を開き、新型コロナウイルス感染症の対応に心血を注いだ1年だったと振り返った。コロナ下で東日本大震災の記憶が薄れつつある現状を踏まえ、「責任を持って記憶を伝えていく」と強調した。

 最も印象に残った県政上の出来事に関して、村井知事は「コロナ対応に尽…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ