仙台三越佐沼店、来年3月閉店へ

 仙台三越は来年3月7日、宮城県登米市中田町の常設小型店「エムアイプラザ 三越登米佐沼店」の営業を終了する。販売不振のための措置で、担当者は「計画した売り上げを達成できない中、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて閉店を決めた」と説明する。
 佐沼店は2014年10月、宮城県北初の常設小型店としてオープンした。売り場面積約330平方メートル。服飾雑貨や食料品を扱い、中元や歳暮ギフトも受け付けている。
 仙台三越の小型店は佐沼を含めて県内に6店、山形県に1店ある。同社は、佐沼店の利用者に近隣の三越石巻(石巻市)やエムアイプラザ古川(大崎市)の利用を案内している。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る