仙台初売り準備進む 予約制導入、人気の福袋は売り切れも

 来年1月2日に始まる仙台初売りに向け、仙台市の大型店などで福袋の準備作業がピークを迎えている。新型コロナウイルスの感染防止対策として福袋の事前予約制を導入し、人気商品の売り切れが相次いだ。

 藤崎の物流センター(宮城野区)では23日、社員約10人が店頭で当日販売する雑貨の袋詰め作業に当たった。女性用…

残り 448文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ