しょくば拝見>一般社団法人HitoReha〔ヒトリハ〕(石巻市中央)

地域に根ざした障がい者支援をするヒトリハの横山代表(中央)とスタッフ

<普通の日常 障がい者に>

 障がいのある人やその家族などのコミュニティー形成と社会参加を支援する。リアルとオンライン両方で事業を展開する。制度のはざまに埋もれる人や、本音を話せない人に寄り添う。

 横山翼代表(28)は「誰でも個性豊かに自分らしく生きられるよう、地域に根ざした支援をする」と話す。

 特定の事業所は持たず、公民館やコミュニティースペースなどで活動する。障がい者や家族が集まって会話を楽しむ「対話カフェ」を月に1回開く。同じ悩みを持つ人々が本音を打ち明け、つながりを育む時間や空間を提供している。

 オンラインコミュニティーサービスの運営も手掛ける。障がい者や家族、福祉事業所や相談員専用の会員制交流サイト(SNS)で、それぞれの連携や交流を促進する。専門職からのアドバイスなども受けることができる。外出や体験などをサポートする事業も手掛ける。昨夏には放課後デイサービスやボランティアと協力して川遊びを開催したほか、ダンスイベントなども実施した。

 「障がいのある方が多くの人と同じような日常を過ごせるように、まずはソフト面から変えていきたい」と横山代表。将来的にはさらに地域に密着した活動を展開し、理解者を増やしていくことが目標だ。「障がいがある人と地域が自発的に関わり合い、お互いが助け合う仕組みや文化を地域に根付かせたい」と展望を語る。

■団体概要
 一般社団法人。2020年2月設立。横山代表を含めスタッフは4人。事業所はないが、登記上の事務所は石巻市中央2丁目の「IRORI石巻」。主に月額制でサービスを提供し、個別相談も受け付ける。連絡先は090(2889)2014。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る