救急隊員の感染防止 対策マニュアル策定へ 仙台市消防局

 仙台市消防局は22日、新型コロナウイルス感染が収束しない状況を踏まえ、救急業務中の感染症拡大を防ぐためのマニュアルを策定する方針を示した。隊員が救急搬送中に新型コロナなどに感染しないよう、資機材の消毒方法や、防護服などの備蓄量を定めており、4月からの運用を目指す。

 若林区の市医師会館であった市救急業務基本問題検討会(委員長・山内聡仙台市立病院救命救急センター長)で、市消防局の担当者がマニュアル案を公表した。

 患者搬送後の車両や資機材の消毒・洗浄の手順を明記。患者への接触前後、手袋の装着前後など手指消毒を行うタイミングを記したほか、マスク・手袋・防護服の着脱方法、手洗い方法を写真付きで解説した。防護服やマスクなど備蓄品は最低1年分を確保する。

 委員からは「手指消毒用のせっけんや消毒液は詰め替え用を購入するのでなく、容器ごと変えるのが望ましい」などの意見が出た。

 市は、検討会が年度末までにまとめる報告書を反映させた上で、マニュアルの運用を開始する。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る