FAQ

大熊の新校舎 子どもたちの夢を形に ワークショップで意見聴く

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が解除された福島県大熊町大川原地区に2023年度開設される幼保施設一体型義務教育学校について、大熊町熊町小・大野小の児童と保護者に新校舎基本設計案への意見を聴くワークショップが27日、両校が避難する会津若松市であった。

 両校の全校児童9人と保護者5人が参加。基本設…

残り 306文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る