大熊の新校舎 子どもたちの夢を形に ワークショップで意見聴く

新校舎の模型を見て喜ぶ児童ら=会津若松市の大熊町熊町小・大野小
1/2

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が解除された福島県大熊町大川原地区に2023年度開設される幼保施設一体型義務教育学校について、大熊町熊町小・大野小の児童と保護者に新校舎基本設計案への意見を聴くワークショップが27日、両校が避難する会津若松市であった。
 両校の全校児童9人と保護者5人が参加。基本設計を担当する共同企業体(横浜市)はオンラインで概要を説明した。
 蔵書5万冊を目指す「図書ひろば」を中心にした新校舎の模型を前に、児童らは「包まれるようなかご形の椅子で本を読みたい」「体育館に一輪車用の手すりが欲しい」と夢を膨らませた。熊町小6年の石井埜乃佳さん(11)は「水槽を置いて大熊の海の生き物を飼いたい」と話した。
 避難先とのつながりの証しとして、会津若松市にある国重要文化財「さざえ堂」を模したらせん状の本棚を置く構想も披露された。
 共同企業体の建築家飯田善彦さんは「子どもたちの意見を反映し、勉強、読書、遊びがどこでもできる学校にしたい」と述べた。基本設計は3月に正式決定。新年度から実施設計に入る。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る