東北楽天、きょうキャンプイン 則本昂らブルペン入り自主練習

1日のキャンプインに備え、ブルペンで捕手を座らせ投球練習をする則本昂=沖縄県金武町ベースボールスタジアム

 東北楽天の選手は31日、沖縄県金武町ベースボールスタジアムなどで、1日に始まる春季キャンプに向けて自主練習を行った。

 同スタジアムでは、主将の茂木ら1軍メンバー約40人がキャッチボールやノック、打撃練習などで汗を流した。エース則本昂らはブルペンに入り、状態を確認した。茂木は「リーグ優勝、日本一を目標に掲げているので、チームが強くなるよう意見を出し合っていけたらと思う。1年間グラウンドに立ち続けて、チームを引っ張っていきたい」と意欲的だった。

 練習後は全体ミーティングが行われ、キャンプの狙いなどを確認した。石井監督は「東日本大震災から10年の大事なシーズン。それを意識して、東北の皆さんに優勝を届けられるようにベストな戦いをしたい」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る