楽天キャンプ 実戦形式のシート打撃 田中将が初ブルペン

初めてブルペン入りし投球練習する田中将

 7日、1軍の沖縄県金武町ベースボールスタジアムでは、田中将がキャンプ初のブルペン入りし、力のこもった球を投げ込んだ。

 実戦形式のシート打撃が行われ、池田隆、高田萌ら6投手が登板。野手陣では下妻が本塁打を放ち、存在感を示した。

 石井監督は「投手の方が調整が早いので、打者は振り遅れたりするものだが、投手の球に負けていない感じだった」と、野手の仕上がり具合に満足そうだった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る