いらっしゃいませ>森の中のdefi(石巻市大街道西2丁目)

木の枝や花材など自然にあふれた空間が広がる店内

<自然素材の品で癒やし>

 店内に一歩入れば、まさに森の中のような空間が広がる。商品棚にはリースや花材、アクセサリーなどの商品がちりばめられ、見ているだけでも楽しくなる。

 約4年前にオープン。もともとインターネット販売をしていた阿部ミカ代表(50)が自宅兼店舗の営業を経て、「千の杜学びの」内に店舗を構えた。

 店内にはアンティーク家具や古道具をはじめ、イヤリングなどのアクセサリー、プリザーブドフラワーやドライフラワーといった花材、ハンドメイドのパーツ、木の枝などが並ぶ。ほとんどがお手頃価格で、アクセサリーなら300円台もある。花材は100~300円台のほか、20円台が並ぶこともあるという。

 阿部代表は「木や花などの自然の物が家の中にあると少し違った空間になり、気持ちもよいものになる。癒やしの時間に来てください」と呼び掛ける。

 新型コロナウイルス禍で在宅時間が増え、家の中を居心地のよい空間にしたいと考えている人も多いのでは。defiを隅々まで見てみてはどうだろう。きっとお気に入りに出合えるはずだ。(横)

◇メモ:営業時間は午前10時~午後3時。不定休。石巻市大街道西2丁目2の25、千の杜学びの内。会員制交流サイト(SNS)のインスタグラムもある。連絡先は090(7077)2959。

森の中の defi - Instagram

関連タグ

石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください
先頭に戻る