東北楽天、オープン戦へ静岡遠征 黒川「結果出す」

軽めの練習で汗を流す黒川(中央)。6日に始まるオープン戦でも結果を残したい=3日、楽天生命パーク宮城室内練習場(楽天野球団提供)

 東北楽天は4日から、静岡県草薙総合運動場野球場(静岡市)を拠点に、練習やオープン戦を行う。移動日の3日は、楽天生命パーク宮城(仙台市)で、若手選手らが軽めの練習で調整した。
 沖縄の練習試合で打撃をアピールした黒川は「これからは投手の調整も進み、レベルも上がってくる。レベルの高い投手を打ち返していきたい」と意気込む。新人だった昨季は春季キャンプから1軍だったが、6月の開幕時は1軍メンバーに入れなかった。「去年とは1軍でやりたい気持ちが違う。一打席一打席が勝負。結果を出して生き残るしかない」と話した。
 チームは6日、バンテリンドームナゴヤ(名古屋市)での中日2連戦でオープン戦をスタートさせる。静岡県草薙総合運動場野球場では9試合が予定されている。静岡遠征後は、19~21日に東京でオープン戦3試合を行い、26日の開幕に備える。

河北新報のメルマガ登録はこちら

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 勝ち上がり表

企画特集

先頭に戻る