10年前の地ビール応援ありがとう! 東北6県の8本セット販売

オンラインショップで販売している東北の地ビールセット

 東日本大震災10年に合わせ、秋田市の地ビール製造・販売「あくら」は、東北の地ビールセットを同社のオンラインショップで販売している。復興支援で東北産ビールを購入してくれた人たちへの感謝を伝えようと企画した。

 2013年に発足した「東北魂ビールプロジェクト」の一環。メンバーの醸造所15社のうち、あくらのほか、世嬉の一酒造(一関市)、仙南シンケンファクトリー(角田市)、福島路ビール(福島市)など6県の8醸造所が参加した。

 それぞれの地域のコメとホップを使うことを条件に、各社がオリジナル商品として用意した。8本入り(1本330〜350ミリリットル)で6300円。

 震災後、飲酒の自粛などで苦境に立たされた東北の地ビール会社を全国のファンらが支えた。あくらの長谷川信醸造長は「苦しい時に東北産ビールを買ってくれた。恩返しするためにも、おいしいビールを届けたい」と話した。

 限定100セット。連絡先はあくら018(862)1841。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る