栄光賞に重量挙げ佐藤ら 仙台市スポーツ賞

抱負を述べる宮城農高の佐藤

 仙台市は13日、アマチュアスポーツで優れた成績を収めた選手や団体をたたえる2020年度の市スポーツ賞の表彰式を市役所で開いた。

 栄光賞は重量挙げの全国高校通信記録会で81キロ級を制した佐藤駿太郎(宮城農高)ら個人7人と、バスケットボールの全国高校選手権で優勝した仙台大明成高男子が受賞した。

 他に優秀、奨励、功労賞を個人8人、3団体が受けた。郡和子市長は「コロナ禍で大会が少ない中、すばらしい成績を上げた。一層の飛躍を期待したい」と激励した。

 受賞者を代表して佐藤は「来年の世界ジュニア、そして夢のパリ五輪に出場して、日本のウエートリフティング界をけん引していきたい」と力強く誓った。

 栄光賞の受賞者は次の通り。(敬称略)

 【個人】陸上 菅野航平(仙台一高)▽卓球 張本美和(東宮城野小)▽バドミントン 亀山楓(高速)▽体操 佐々木郁哉(仙台大明成高)▽重量挙げ 佐藤駿太郎(宮城農高)▽パワーリフティング 北野利雄(市体育館パワーリフティングク)▽自転車 菅原陽斗(東北高)

 【団体】バスケットボール 仙台大明成高男子

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る