閉じる

太陽光発電などの出力制御、今春実施も 供給過多の恐れ 東北電ネット

 東北電力ネットワーク(仙台市)は16日、太陽光発電や風力発電の事業者に一時的な発電停止を求める出力制御について、「4、5月の休みを中心に実施する可能性が高い」との見方を示した。

 太陽光や風力の接続量が拡大している上、今年は積雪量が多く水力発電量の増加が見込まれる。天候や需要動向次第では、供給が需要…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ