仙台港近くのホテル、宿泊客が屋上に避難

仙台港に近い宿泊施設で、屋上に避難した利用客ら=20日午後6時40分ごろ、仙台市宮城野区

 仙台港に近いドーミーインエクスプレス仙台シーサイド(宮城野区)では、津波注意報発令を受けて従業員が宿泊客らを3階以上に避難させた。屋上には一時20人ほどが上がり、サイレンが鳴り響く一帯を不安そうに見回した。ホテルの従業員がブランケットや非常食を配り、小さな女の子に「大丈夫? 怖かったね」と声をかけていた。

 夢メッセみやぎでの展示会のため昨日から出張していた大仙市の男性会社員(61)は、近くの飲食店で食事中に地震に見舞われ、店員に促されてホテルに戻った。「強い揺れでびっくりした。コロナの緊急事態宣言で展示会が中止になっていればよかったが、こればかりは予想できないのでしかたない」と不安そうに話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る