デスク日誌(3/28):片付けから

 自宅の部屋に物が一気に増えた。
 何に触発されたか、必要最低限の物しか持たない「ミニマリスト」を子どもが公言し始めた。自分の部屋から私物を次々に出し廊下に山積み。「えっ、これも要らないの。もったいない」。山から本やバッグを掘り出し、自分の部屋に引き取った。
 このところの忙しさで原稿の資料も散乱し、さすがに居心地が悪い。すっきりした子どもの部屋と見比べ「目指すべきは、これかも」。感化されつつある。
 収束の見通しが依然立たない新型コロナウイルスの感染拡大。パンデミック(世界的大流行)のそもそもの原因が気になる。多くの科学者は環境破壊や資源の乱用など、地球上で好き勝手に振る舞ってきた人間にあるという。
 スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんら若者が積極的に声を上げているのも、パンデミックの裏側に潜む本当の危機を直感的に見抜いているからかもしれない。
 「それはいいから片付けたら」「はい、分かりました」。連れ合いとの会話の展開は見えているので片付け、始めますか。
(整理部次長 八代洋伸)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る