新型コロナ 青森最多81人感染 障害者施設でクラスター

 青森県などは31日、10歳未満~60代の男女81人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。青森市の障害者施設で大規模なクラスター(感染者集団)が発生し、1日当たりの感染発表としては2月10日の40人を大きく上回り、過去最多を更新した。県内の感染確認は1000人を超え、計1031人となった。

 居住地は青森市75人、上十三保健所(十和田市)管内3人、八戸市、東津軽郡、弘前保健所(弘前市)管内が各1人。いずれも重篤ではない。7人が感染経路不明。

 青森市の20~60代の男女68人は、市内の社会福祉法人「ゆきわり会」が運営する障害者施設の利用者や職員。30日に発表があった2人と合わせ、県と市は70人のクラスターが起きたと認定した。市によると、70人のうち56人が利用者。

 東津軽郡の30代女性は、郡内の高齢者介護施設で感染したとみられる。同施設は計5人のクラスターとなった。

 県警は、青森署三内丸山交番に勤務する20代男性警察官の感染を公表した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る